受けるお客様の真意を読み解き、応える方法

こんにちは
開業1年生整体師さんの体質別分析整体と店舗なし開業スクール代表の野上智結(のがみともみ)です。

リラクゼーションサロンに来店するお客様の真意を間違えるとリピートされません

接骨院や治療院、リラクゼーションサロンからもみほぐしなどなど、多くのお店がある中で、リラクゼーションサロンを選んだお客様は何を求めているんでしょうか。



リラックスしたい。

日頃の疲れをとりたい。

その通りですね。

さらにその奥に隠れている、お客様が言わない本当の来店理由を考えていますか?

例えば、ホテルのマッサージで一見(いちげん)さん相手にしているなら考える必要はないと思います。

でも、サロンを開業していてリピートしてほしい場合は、リピートされる→売上が上がるならお客様が来店した理由を正しく聞き取ることをしないといけません。


お客様が気づいていない真相のこともあるから、真正面から聞けば答えがもらえるものでもないんですよね。


見えないものを見せるのが売れてる整体師・セラピスト



疲れているのは、お客様でもわかるんです。

何が、どうなって、どんなふうに疲れているかまではお客様はわかりません。

ここを見せるのが上手い整体師・セラピストは、指名がついているし、リピートされます。

こっているコリを圧すだけでは、残念ながらリピートされません。

なぜって、お客様はみんな自分のつらさをわかってほしいから。

「硬いですね」、「ガチガチでした」じゃ、お客様は満足しないんです。

どんなふうに硬かったのか、なんでガチガチになったのかまでを伝えることがポイント!

プロであるあなたからわかってもらえるって、嬉しいものなんです。

人は他人と比べてしまうイキモノなのです



人は誰もが今いる場所を知りたがり、平均と比べたがります。
病院の検査だったり、模擬試験の判定だったり、平均と比べて今のポジションを確認したくなるのです。

施術が終わって「お疲れさまでした」、カーテンシャッって閉めてませんか?

最後に施術して、お客様の状態を説明してください。

あなたがお客様とこれからも付き合っていきたいと思うなら、あなたの意見(施術した感想)をお客様に伝えなければ、お客様はあなたの真理なんてわかりっこありません。

専門用語を言う必要もありません。

ウソやかっこつけて言う必要もありません。

あなたのフィルター(施術)を通して、お客様の体の状態を伝えるだけで、お客様との距離は縮みます。

どんな誰に何を言うかパターンがあります

お客様の状態を正直に言うにしても、お客様のタイプによって接客は大きく変わります。

これを知らずに接客している人は、施術が上手くなってもリピートはつきません。

あなたのパーソナリティを活かした接客をしたいなら、お客様のタイプを見極める能力が絶対的に必要です。

「タイプ別に接客するのは分かったけど、口ベタで何を話していいかわからなくて・・・」という人は、年明けから始まるスクールであなたらしい接客トークを一緒に作りましょう。

野上公式LINEから優先案内いたします

LINE登録者しか読めない特別コラムやセミナーの優先案内をしています。

友だち追加